山本理事長写真 greeting

理事長就任のご挨拶

~"ケガをしたら形成外科へ!"を目指して

日本創傷外科学会 理事長  山本  有平
(北海道大学 大学院医学研究院
 形成外科学教室 主任教授)

 この度、日本創傷外科学会第5代理事長を拝命しました。本学会は、キズやキズアトを治療する専門医を育成する、創傷外科学の基礎・臨床研究を推進させるという役割と共に、日本形成外科学会のサブスペシャリティ(2階建て)の学会として、国民へ形成外科診療を広く啓蒙・認知させて行くことが、重要な一つの命題です。

 2011年に私が会長として主催しました、第3回総会・学術集会では、学会テーマとして"傷を治すプロフェッショナル~きれいに傷を治す、治りにくい傷を治す、それは、形成外科に課された使命"を掲げました。近年、形成外科手術手技の進歩に加えて、各種の外用剤、創傷被覆材、陰圧閉鎖療法などの新しく登場した創傷治療手段が追い風となり、本学会は若い形成外科医の注目と多くの企業の協賛を得て、大きく発展してきたことと存じます。

 学会の将来を見据えて、今期より40歳代から50歳代前半の若い理事を登用し、理事数は18名に増え、また、学術委員会、国際委員会、医療安全委員会の新しい3つの委員会を設置し、その陣容は更に充実したものと存じます。

 昨年、第4代理事長清川兼輔先生を中心とした、有意義なキャンペーン活動により、5月5日がキズケアの記念日として登録されました。今後は"キッズの日はキズケアの日"として、全国に大いに広めて行きたく存じます。そして、「もし、子供がケガをしたら、お母さんは近くの形成外科へ連れて行って、キズを治してもらう」という事が、ごく自然に当たり前になる社会になって行くよう、本学会役員、評議員、会員の方々と共に、精一杯尽力して行きたく存じます。

 今後とも御指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

「日本創傷外科学会」創立にあたって
(初代理事長 野﨑   幹弘)


2020年4月1日

IJSWC創刊にあたって~“君も歴史に名を馳せろ!”

 この度、国内における形成外科領域として初の試みとなる英文学会機関誌:IJSWC (International Journal of Surgical Wound Care) の発刊を行います。Executive advisor 亀井 譲教授とEditor in Chief 貴志和生教授と共に、昨年11月に論文投稿の受付を開始し、2020年 春にVol.1, No.1 を電子ジャーナルとして会員の皆様にお届け致したく存じます。

 国内学会機関誌の英文ジャーナル化は、研究内容を海外のより多くの研究者に発信できる大きな意義を有しています。また、若い先生においては、所属施設のプロモーションにおいて、英文学術論文業績を多く必要とし、その価値がより高まる傾向です。今後は、各学会機関誌は、原著、症例報告、手術手技を中心として掲載する英文電子ジャーナルとなり、総説・特集等は、和文商業誌や各種和文教科書に掲載される潮流になっていくことでしょう。

 本学会員が初めて英文学術論文を執筆し、投稿する登竜門として、また日本の創傷外科および形成外科の質の高さを世界にプレゼンスする場として、IJSWC が大いに羽ばたいて行くことを祈念いたします。

 今後とも、会員皆様のご協力、ご指導を宜しくお願い申し上げます。